スプリンクラー工事

スプリンクラー工事の流れ

①着工前測量(見積り)

まず、依頼がありましたら、建築物の間取りや内装仕上げ、家具の位置、給水管の引込口径、水量、エアコン、照明の位置を調べます。建築時の設計図がありますと、比較的スムーズに準備ができますので、よろしくお願いします。

間取りはスプリンクラーの設置個数、内装仕上げは配管の管種(ビニルか鋼管か)、給水管の引込口径、水量は、新たに水道本管から大きめのパイプを引きなのす必要があるのか、それとも消防用のタンク及び加圧ポンプを設置するか選定するのに必要です。

エアコン、照明の位置はスプリンクラーの設置位置を決定するのに必要です。

消防関係者及び水道管理者との打ち合わせや確認も必要でスプリンクラー工事は準備に時間がかかりますのでその点ご理解ください。

 

②ご依頼後の流れ 天井内配管

天井内隠蔽の場合、このような形で配管をしていきます。

主管を配管して各部屋への枝管を配管していきます。

この際、あってはならないことですが、工事の際に天井を踏み抜いてしまったりすると天井下に被害がでる恐れがあります。

ですので、工事個所を打合せさせて頂き、可能な限り、作業範囲には工事関係者以外は入らないようにしていただいています。

 


③スプリンクラー設置

真ん中よりすこし上部に移っている丸い形のものがスプリンクラーになります。ここから水が出る構造です。

照明、エアコン、壁から○○cm以上離隔を取りなさい等と決まりがあります。


④各種試験

最終的には水圧で1.0Mpaで耐圧試験を行うのですが、当社の場合は改造工事ではまず窒素にて気密試験を行います。


水圧試験をし、1.0Mpaで耐圧試験を行います。


消防署より検査官に来ていただき、必要な能力を満たしているか検査して頂きます。

写真は屋外の末端試験弁より仮設で組んだものより、水量の確認と、スプリンクラ―の放水範囲の確認をしていただいてます。

 


写真の様子は、消防用の水槽と加圧ポンプが一体になったものを設置しましたので、その製品の検査を受けている状況です。

 


他にも水道事業者の検査もあります。

実際工事に入りましたら、大まかな流れを説明させていただき、詳細は都度説明させていただいています。

 

営業時間

平日   8:00~17:00 

土曜日8:0017:00

定休日

祝日及び日曜日

 

※別途、緊急時等の場合は可能な限り対応致しております


お問い合わせ

※お問い合わせ頂いた後のしつこい営業等は致しませんのでご安心ください。

当社が主に提供しているメーカーです。

TOTO トイレ 蛇口 ユニットバスなど 住設機器全般
INAX トイレ 蛇口 ユニットバスなど 住設機器全般
タカギ水栓金具
クリナップ システムキッチン ユニットバスなど
タカラ システムキッチン ユニットバスなど
長府製作所 ボイラー 太陽熱温水器など

大洋設備有限会社

鹿屋市横山町1553-2

0994-48-2507